目的別の相続対策なら東京相続ドットコムにおまかせください。遺言書作成から土地活用、税金対策まで専門家ネットワークを活用しサポートします。

0120-917-150|9:30~20:00 年中無休(但し年末年始を除く)
東京相続ドットコムお問い合わせはこちら

新着情報詳細

2018/01/12 【コラム】『健康な相続、不摂生な相続』

先日、タイトルの書籍『健康な相続 不摂生な相続』の著者にお会いする機会があり、本を頂きました。

読んでみたところ、通常の相続対策の節税テクニックやハウツー的な話とは違い、
「相続理念」と「相続リテラシー」というのが大事なんだ、ということを強く押し出しているような内容でした。
 
端的に言うと、「誰に何を、どのくらい相続してもらうか」ということを決めるためには、
節税対策をして遺言を書けばいいということではなく、
「その後、どう使ってほしいか」「どういう風に分けてほしいか」などの、
対策の背景が重要であるという内容となっていました。

人として生まれたのであれば、いつかは死ぬことが決まっているので、
「相続する」ということは、どう生きるかということにつながるのだということを考えさせられる内容でした。

 
 相続対策という話を聞けば聞くほど、「どのくらい節税ができる」とか、
「資産活用のためにアパートを建てれば、どれだけ利益が出ますよ」とか、
数字で考えられるような話ばかりが出てきますが、
本来の相続対策というものはそのようなことだけではなく、
「相続を受けた人にどうしてほしいか」という部分の想いを引き継ぐことが
一番大事なことなんだな、と改めて思いました。
 

そもそも東京相続ドットコムを始めるきっかけとなったのが、
決められた相続対策ではなく、相続相談を受ける方ひとりひとりのお考えに
適切な回答をできるようなプラットフォームが必要ではないか、というところなので、
この著者の考え方に共感する部分が多くありました。

もしご興味がございましたら、ご一読ください。



相続に関するお問い合わせはお気軽に
ページトップへ