目的別の相続対策なら東京相続ドットコムにおまかせください。遺言書作成から土地活用、税金対策まで専門家ネットワークを活用しサポートします。

0120-917-150|9:30~20:00 年中無休(但し年末年始を除く)
東京相続ドットコムお問い合わせはこちら

新着情報詳細

2018/03/23 【コラム】不動産の相続登記における必要書類について




不動産の相続登記にも様々なケースが考えられますが、
ここでは一般的な相続登記に必要な書類についてご説明いたします。


・登記原因証明情報

  どのような法律上の原因で登記申請を行うのかを証明する書面のことです。
  相続が開始していることや相続人が誰であるかなどを証明する書面をいいます。

   
   ①相続関係説明図

    誰が相続人かをまとめた一覧の図になります。

   ②被相続人の戸籍謄本、改製原戸籍謄本、除籍謄本等

    被相続人が死亡したことを証明するために、戸籍謄本、改製原戸籍、 除籍などを添付します。
    被相続人の出生から死亡までの戸籍が必要になります。

   ③相続人の現在戸籍抄本

    相続が開始したときに、相続人が生きていることを証するために
    相続人の現在の戸籍抄本(謄本)が必要です。

   ④遺産分割協議書、遺言書

    遺産分割協議があった場合の遺産分割協議書や、 遺言書がある場合は、これらが必要です。



 ・住所証明情報

  相続人の住所の証明として、不動産を取得される相続人の住民票の写しが必要になります。  


 ・固定資産税評価証明書

  登録免許税を計算するために必要です。



上記はあくまでも「一般的な不動産の相続登記」において必要とされる書類になります。

冒頭でも申し上げましたが、相続にも様々なケースがございます。
必要書類が更に増えたりすることもございます。

準備に時間や手間がかかりますので、そこは是非専門家を含め我々にご相談くださいませ。





相続に関するお問い合わせはお気軽に
ページトップへ