目的別の相続対策なら東京相続ドットコムにおまかせください。遺言書作成から土地活用、税金対策まで専門家ネットワークを活用しサポートします。

0120-917-150|9:30~20:00 年中無休(但し年末年始を除く)
東京相続ドットコムお問い合わせはこちら

相続コラム

2017/12/01 New! 【コラム】葬儀費用について

ご存知の方も多いかもしれませんが、葬儀にかかった費用は相続税の計算上、相続財産から控除することができます。
申告の際には、明細書に内訳を記入して添付しなければいけませんので、葬儀の忙しい中ではありますが、きちんと記録を残しておくことが重要です。

できれば親族の中から出納責任者を決めて、通夜、葬儀、告別式を通じて金銭の出入りを管理してもらいます。
領収書の保管はもちろんですが、僧侶へのお布施やお車代、手伝いをしてくれた方への謝礼など、領収書のない支出も忘れずに記録するようにしてください。

相続税の申告の必要がない場合でも、香典の記録・管理がありますので出納責任者は必要です。香典はその日のうちに開封して金額を確認して香典リストを作成するようにすると良いでしょう。

葬儀などは急なことが多いので、もしもの時を考えて前もって段取りを想定しておくことも重要です。葬儀会社の連絡先や、親戚などの連絡先など、前もって下調べをしてまとめておけば、残された家族も対応に困らないですね。

遺言や、エンディングノートなどと同様に、もしもの時の連絡先なども準備しておくことが得策だと思います。

東京相続ドットコムでは、相続に関する様々なご相談を承っております。
何かございましたらお気軽にお問合せください。



ページトップへ