目的別の相続対策なら東京相続ドットコムにおまかせください。遺言書作成から土地活用、税金対策まで専門家ネットワークを活用しサポートします。

0120-917-150|9:30~20:00 年中無休(但し年末年始を除く)
東京相続ドットコムお問い合わせはこちら

相続コラム

2019/04/05 【コラム】介護をしてくれた方のために

コラムの中で様々な遺産相続争いについてお話していますが、その相続争いになる原因には、
「介護をした人と、全く面倒を見なかった人とが揉める」というケースが多々見られます。
テレビドラマでもよく見かけるシチュエーションです。

もし遺言を残さず死亡すれば、法律に基づいた法定相続が発生し、続柄に応じて財産が分割されます。
介護を担っていたかに関わらず、子供同士の相続分は同じです。さらに、介護した人が法定相続できる人(法定相続人)でなければ、1円も相続できません。
例えば、息子の嫁が面倒を見てくれた、というケースはよくありますが、息子の嫁は法定相続人ではないので、相続の権利はありません。

兄弟家族内の相続争いを未然に防ぎ、介護してくれた人に特別に財産を残したいのであれば、あらかじめ準備しておくことが必要です。

まずは、これから介護をしてもらう可能性がある場合、迷惑をかけないようにしておくことが大切です。
介護には時間的・体力的なコストだけでなく、金銭的コストもかかります。お金だけでも準備しておき、介護してくれる人の負担をできるだけ少なくすることが大切です。
介護費用の口座や、介護・生命保険などはわかりやすいように管理しておくことをお勧めします。

以下では、介護してくれた人に特別に財産を残す方法を説明します。

・遺言書を残す
 最もスムーズに財産を相続できる方法です。法定相続の場合、法定相続人以外に財産は残せません。しかし、遺言書を残せば、自由に相続が可能です。
 法定相続人以外の人にも財産を残せますし、特定の相続人に特別に財産を残すこともできるのです。
 不均等に相続を行う場合には、その理由を遺言書に併記すること(付言)をお勧めします。付言には強制力はありませんが、相続争いの防止に効果的です。

・生前贈与を行う
 死亡する前に、介護してくれた人に財産を贈与する「生前贈与」も有効です。
 多額の生前贈与を行うと、贈与税がかかる可能性があります。年間110万円以下に抑えれば非課税ですので、参考にしてください。

・養子縁組
 養子にすることで、実の子と同じ立場で(法定相続人として)相続に参加させることができます。
 法定相続人以外が介護をしてくれた、という場合にのみ有効です。少々手間がかかりますが、相続税が節税できるというメリットもあります。
 法定相続人が多いほど、相続税の基礎控除額(相続税のかからない額)が増えるからです。
 ただ、租税回避行為防止の為に、基礎控除として認められる養子の数は相続税法で制限がありますので注意して下さい。実の子がいる場合は1人までです。

・生命保険の受取人を変更する
 ここまで述べたものと異なり、「相続」には直接関係ありません。生命保険金は元から受取人の財産であり、相続という訳ではありません。
 その為、相続争いを起こすことなく、確実性が高いです。変更前の受取人に納得してもらってから変更することが望ましいです。

 
 万一に備えて、予め準備できる手段は数多くあります。介護してくれた人に報い、無用な争い事を防ぐためにも、しっかりと準備をすることが大切です。
 お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください。



ページトップへ