目的別の相続対策なら東京相続ドットコムにおまかせください。遺言書作成から土地活用、税金対策まで専門家ネットワークを活用しサポートします。

0120-917-150|9:30~20:00 年中無休(但し年末年始を除く)
東京相続ドットコムお問い合わせはこちら

相続コラム

2018/01/26 【コラム】相続人のいない財産について

相続人がすでに全員死亡していたり、相続の放棄により相続人がいなくなってしまったりした場合、相続人不在といいます。

この場合、受遺者がいてもすぐには財産を取得できません。
受遺者とは遺贈を受ける者として、遺言によって指定された人のことを言いますが、
受遺者は一定の手続きを行うことによって、財産の清算を受けることになります。

受遺者や債権者などは、検察官の請求により、家庭裁判所が相続財産管理人を選任します。
管理人は財産の管理や、債権者などへの公告、弁済、相続人の捜索を行います。

そして最終公告期間内に相続人が現れなければ、相続人の不在が確定して、
相続人、管理人に債権者と受遺者はその権利を失います。

この時まだ財産が残っていれば、特別縁故者への財産分与が行われることがあります。
特別縁故者とは、内縁の夫や妻、事実上の養子、献身的に看護してきた人などが該当し、
通常遺産は法律が定めた相続人が相続するのが原則ですが、財産を受け取ることができます。
それでもまだ財産が残れば、最終的には国庫に帰属するようになります。

もし、相続人がいなくて相続人不在の場合、
特別縁故者に該当するかどうかなども知っておくとよいかもしれませんね。

東京相続ドットコムでは、皆さまの身近な相談役として様々なご相談をいただいております。
ぜひお気軽にお声がけください。







ページトップへ